ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人口増減06/09/01・市?8月分 (06/08/01・県?7月分)
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月
■市
札幌▲0192・▲0242・・・0269・・・3885・・・0934・・・0512・・・0447・・・0361 国勢調査比・・07853
仙台・・0056・▲0240・▲5609・・・5859・・・0617・▲0050・・・0671・・・0679 国勢調査比・・02792
広島▲0106・・・0143・▲3793・・・4074・・・0545・・・0159・・・0284・・・0808 国勢調査比・・03313
福岡・・0470・・・0176・▲3364・・・8323・・・1465・・・0655・・・0499・・・1479 国勢調査比・・13012
岡山▲0044・▲0120・▲2022・・・2276・・・0276・・・0248・・・0162・・・・・・・・・国勢調査比・・01678
    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月
■県
宮城▲0723・▲0880・▲8770・・・6010・▲0104・▲0486・・・0123 国勢調査比・▲4747
茨城▲1076・▲0801・▲8200・・・5240・▲0048・▲0098・・・0550 国勢調査比・▲3592
京都▲0915・▲1222・▲5315・・・4827・▲0631・▲0339・・・0147 国勢調査比・▲3214
広島▲0112・▲0406・▲8963・・・7186・・・0423・▲0044・・・0012 国勢調査比・▲1733
岡山▲0810・▲0376・▲4664・・・2953・▲0040・▲0089・▲0157 国勢調査比・▲2498

国勢調査から約一年経とうとしています。
ようやく最近の増減の実態が把握できるようになってきました。
主要な都市圏・都市部以外では人口が軒並み減り始めており、
県単位で見れば、このブログ内での対象の県はすべて減少しています。
広島は県では微減、市では微増と何とか踏みとどまっているようです。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0609201.jpg
(画像と本文は関係ありません)
スポンサーサイト
人口増減06/08/01(7月分)
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(各県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月
■市
札幌▲0192・▲0242・・・0269・・・3885・・・0934・・・0512・・・0447 前年同月比・・08158 国勢調査比・・07492
仙台・・0056・▲0240・▲5609・・・5859・・・0617・▲0050・・・0671 前年同月比▲00414 国勢調査比・・02113
広島▲0106・・・0143・▲3793・・・4074・・・0545・・・0159・・・0284 前年同月比・・03057 国勢調査比・・02505
福岡・・0470・・・0176・▲3364・・・8323・・・1465・・・0655・・・0499 前年同月比・・13151 国勢調査比・・11533
岡山▲0044・▲0120・▲2022・・・2276・・・0276・・・0248・・・・・・・・・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・・01375
    1月   2月   3月   4月   5月   6月
■県
宮城▲0723・▲0880・▲8770・・・6010・▲0104・▲0486 前年同月比▲11909 国勢調査比・▲4870
茨城▲1076・▲0801・▲8200・・・5240・▲0048・▲0098 前年同月比▲16714 国勢調査比・▲4142
京都▲0915・▲1222・▲5315・・・4827・▲0631・▲0339・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・▲3361
広島▲0112・▲0406・▲8963・・・7186・・・0423・▲0044 前年同月比▲01165 国勢調査比・▲1745
岡山▲0810・▲0376・▲4664・・・2953・▲0040・▲0089・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・▲2549

仙台市の人口は前年同月比でこそまだマイナスなものの、
昨年の国勢調査時との比較では2113人と人口を増やしています。
国勢調査を挟んで統計にズレが出たためですが、一年経てば最近の実数がつかめるでしょう。
とはいえ仙台や広島の人口規模・構造で人口増2000人台というのは歓迎できるものではありません。
この値では人口の社会減を人口の自然増分が補っている状況です。
やはり人口増を年間4000人台、その内容は自然増に加えて社会増となるのが理想的です。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0608231.jpg
(画像と本文は関係ありません)

人口増減06/07/01
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(各県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月   5月   6月
■市
札幌▲0192・▲0242・・・0269・・・3885・・・0934・・・0512 前年同月比・・08503 国勢調査比・・07045
仙台・・0056・▲0240・▲5609・・・5859・・・0617・▲0050 前年同月比▲00595 国勢調査比・・01442
広島▲0106・・・0143・▲3793・・・4074・・・0545・・・0159 前年同月比・・03013 国勢調査比・・02221
福岡・・0470・・・0176・▲3364・・・8323・・・1465・・・0655 前年同月比・・12940 国勢調査比・・11034
岡山▲0044・▲0120・▲2022・・・2276・・・0276・・・・・・・・・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・・01127
    1月   2月   3月   4月   5月
■県
宮城▲0723・▲0880・▲8770・・・6010・▲0104 前年同月比▲11623 国勢調査比・▲4384
茨城▲1076・▲0801・▲8200・・・5240・▲0048 前年同月比▲16346 国勢調査比・▲4044
京都▲0915・▲1222・▲5315・・・4827・▲0631・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・▲3022
広島▲0112・▲0406・▲8963・・・7186・・・0423 前年同月比▲01194 国勢調査比・▲1701
岡山▲0810・▲0376・▲4664・・・2953・▲0040・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・▲2460

広島市の人口が思ったほど(?)伸びてきません。
このペースでいくと、昨年の国勢調査時での前年同月比は4000人を切ってしまいそうです。
東広島市や府中町などは順調に増加していることから、広島都市圏でみれば堅調な推移かもしれません。
そして頑張っているのは広島県、過疎地や不況地域を抱えて苦戦が予測されていましたが、
上で比較したどこの県よりも減少が少なく、6/1発表の5月ではこの中で唯一増加しました。
過疎地域は相変わらずでしょうが、不況地域が持ち直してきていると言えるとおもいます。
何かと話題の呉地域にもこの兆候が出ればいいのでしょうが、平地の狭い市街地では難しいのでしょう。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0607211.jpg
(画像と本文は関係ありません)
広島と岡山の状況
22日の中国新聞では、「広島は評価 岡山落胆」という見出しがありました。
何のことかと言いますと、全国総合開発計画に代わって策定する新たな国土形成計画のブロック版、「広域地方計画」の区域割のことで、
この報告書に基づいて中国5県、広島市、5県の商工会議所などで協議会を設置し計画の策定に入るとか。
岡山落胆?というのは、石井県知事が中四国を押していたから、「大変残念だ」という発言からきたのでしょう。
今回は道州制とは基本的に異なるものですが、岡山県以外の県は、
それぞれ中国と四国を分けたほうがいいという意見が鮮明になったといえるでしょう。
今までも何度か岡山のことは書きましたが、都市規模こそ大差があるものの、広島だけでなく岡山も頑張っているようです。
全国で中国地方のウエイトは年々下がり続けています。
広島も岡山も競争しながら共に底上げできれば、まだまだ存在感のある地方になれるとおもいます。
特に岡山は物流拠点としての立地条件が優れていることを生かせば、ポテンシャルを秘めていると言えます。
ちょっと両県・両市の人口に関するデータを挙げてみます。0606231.jpg
■広島と岡山の間の人口移動を見てみますと
           13年  14年  15年  16年  17年
岡山県→広島市 2725・・・2541・・・2549・・・2424・・・2457 
広島市→岡山県 2416・・・2399・・・2351・・・2409・・・2163 
     差     0309・・・0142・・・0198・・・0015・・・0294 
広島県→岡山市 2838・・・2894・・・3042・・・2902・・・???? 
岡山市→広島県 2863・・・2770・・・2746・・・2639・・・???? 
     差     ▲25・・・0124・・・0296・・・0263・・・???? 
http://www.city.hiroshima.jp/kikaku/joho/toukei/11_book/17/17book-ind.htm#jinko
http://www.city.okayama.okayama.jp/soumu/toukei/nenpou/data_h16/h16otmok.pdf
広島市は5年間で岡山県から1000人近い人口を集め、
岡山市も広島県からそれに近い数を集めていると見られます。
県庁所在地である広島・岡山両市とも、互いの県から転入超過となっていますが、
これが広島県・岡山県同士となると、広島県から岡山県に向けて若干人口が多めに移動しています。
ということは、広島県東部地区から岡山都市圏へ転出超過になっているとみていいでしょう。
ちなみに広島市←→岡山市というデータがないので市同士の社会動態はわかりません。

広島市から転出先で多いのは東京・山口・大阪・福岡・岡山の各県の順、
広島市への転入先で多いのは山口・東京・大阪・岡山・福岡の各県の順になっています。
岡山市から転出先で多いのは広島がダントツで大阪・兵庫・東京の各県の順、
岡山市への転入先で多いのは広島がダントツで大阪・兵庫・東京の各県の順になっています。
広島市は大都市圏や山口との関わりが強く、岡山市は広島を筆頭とし隣県との関わりが強いことが見てとれます。

■両県と両市のそれぞれの社会動態は
            13年  14年  15年  16年  17年
広島市社会動態 ▲0260・▲0372・・・0198・▲0163・・・1169 
岡山市社会動態 ▲0347・・・0254・・・0930・・・0170・・・0630
広島県社会動態 ▲7001・▲4824・▲3716・▲1831・・・???? 
岡山県社会動態 ▲2741・▲2130・▲1266・▲1123・▲1994 
市で見ると、広島の回復ぶりと岡山の堅調さが伺えます。
県では、どん底だった広島の急速な回復ぶりは目を見張るものがありますね。

※統計の種類によって数値が変わりますので、あくまで増減の推移の観点でご覧ください
人口増減06/06/01
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(各県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月   5月
■市
札幌▲0192・▲0242・・・0269・・・3885・・・0934 前年同月比・・08162 国勢調査比・・06533
仙台・・0056・▲0240・▲5609・・・5859・・・0617 前年同月比▲00595 国勢調査比・・01492
広島▲0106・・・0143・▲3793・・・4074・・・0545 前年同月比・・03647 国勢調査比・・02062
福岡・・0470・・・0176・▲3364・・・8323・・・1465 前年同月比・・12847 国勢調査比・・10379
岡山▲0044・▲0120・▲2022・・・2276・・・・・・・・・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・・00851
    1月   2月   3月   4月
■県
宮城▲0723・▲0880・▲8770・・・6010 前年同月比▲10787 国勢調査比・▲4280
茨城▲1076・▲0801・▲8200・・・5240 前年同月比▲15829 国勢調査比・▲3996
京都▲0915・▲1222・▲5315・・・4827 前年同月比・・01202 国勢調査比・▲2391
広島▲0112・▲0406・▲8963・・・7186 前年同月比▲01241 国勢調査比・▲2124
岡山▲0810・▲0376・▲4664・・・2953・・・遡及修正データ無し 国勢調査比・▲2420

岡山のように遡及修正データが出てない自治体があるので、10月1日までは国勢調査比を載せてみます。
前回の国勢調査から5年、推計人口で年間平均4000人増え、2万人の増加となった広島市。
一方、推計人口では年間平均2000人増え、5年で1万人の増加のはずが2万人増加と発表した岡山市。
確定数値ではないにせよ、1万人って、1万人の誤差ってとてもすごい数ですよね。
まさか政令市のため70万に...ナンテことがありそうで恐いですw。
結局、人口要件をクリアし、政令市になったあとの国勢調査で1万人減るほうで誤差が出たら、らしくて笑えますね。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0606211.jpg
(画像と本文は関係ありません)
人口増減06/05/01
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(各県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月
■市
札幌・▲192・・▲242・・・・269・・・3885 前年同月比・・8389
仙台・・・・56・・▲240・▲5609・・・5859 前年同月比・▲399
広島・▲106・・・・143・▲3793・・・4074 前年同月比・・3120
福岡・・・470・・・・176・▲3364・・・8323 前年同月比・12941
岡山・・▲44・・▲120・▲2022・・・・・・・・・遡及修正データ無し算出不可
    1月   2月   3月   4月
■県
宮城・▲723・・▲880・▲8770 前年同月比▲10075
茨城▲1076・・▲801・▲8200 前年同月比▲16882
京都・▲915・▲1222・▲5315 前年同月比・・・1523
広島・▲112・・▲406・▲8963 前年同月比・▲1342
岡山・▲810・・▲376・▲4664 遡及修正データ無し算出不可

市でみると、福岡の伸びが相変わらず衰えていませんが、仙台はついに前年同月比でマイナスになっています。
福岡から札幌・広島・仙台とほぼ等間隔で人口の増減がありますが、
広島も仙台のようにならないように、行政も民間も努力してもらいたいものです。
県では、あれだけ急上昇していた茨城の急降下ぶりが目立ちます。
広島県をあっという間に抜き去った勢いは見る影もありませんね。。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0605191.gif
(画像と本文は関係ありません)

人口増減06/04/01
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減を取り上げてみたいとおもいます。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月
■市
札幌・▲192・・▲242・・・・269
仙台・・・・56・・▲240・▲5609
広島・▲106・・・・143・▲3793
福岡・・・470・・・・176・▲3364
岡山・・▲44・・▲120
    1月   2月   3月   4月
■県
宮城・▲723・・▲880
茨城▲1076・・▲801
京都・▲915・▲1222
広島・▲112・・▲406
岡山・▲810・・▲376

春は移動のシーズンで、特に3月は転出が多くなります。
4月の転入がどれだけ上乗せできるかが、その一年の増減を左右するといっても過言ではありません。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0605032.jpg
(画像と本文は関係ありません)
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。