FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン
0603093.jpg
ここは超人気店、予約の取れない時間を避け、あえて遅めに入店しやっとこの店にありつけました。
それでも少し待ちましたが、まず驚くのがメニューの豊富さ↓
http://www.oysterbartokyo.com/menu/grandmenu.pdf
ほんと何を注文すればいいのか目移りします。

写真は牡蠣フライですが、ここでもお約束で生牡蠣を食しました(広島の牡蠣は大黒神島産がありました)。
実は前述の「WATERLINE」を後にし、そのままタクシーで品川まで戻ってこの店へ。
まさにシーフード、といっても牡蠣づくしの夜ですね。
わたしの舌が単純なのか、このお店も何食べても美味しく、最後に食べたイチゴのショートケーキまでも美味い。
価格設定も悪くなく、流行っているのも納得ですね。
スポンサーサイト
水の都 東京
東京に行ってきました。
いま広島では水辺の活用は盛んに話題に上りますが、やはり東京は東京、
ただでさえ昔から水辺の開発が進んでいますが、先月さらに新たな動きがありました。
東京では埋め立てによる多くの人工の島々がありますが、それらが航路を確保すべく運河を多数形成しています。
まさに水の都東京といった感じなのですが、そうした環境を都市の魅力、いわば観光に結びつけ活性化させる狙いがあるプロジェクトが進められています。
「運河ルネッサンス」
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/unga-renaissance/index.html
0603091.jpg
そんな中で、水域占用の規制緩和が行われ、水面占用許可が商業利用としても申請できることとなり、
フローティングラウンジとも言うべき、船で乗りつけることも出来る新たなスポットが生まれました。
水に浮かぶこのお店は東京都の規制緩和第一号として、開店イベントには石原都知事も視察に訪れ期待したとか。
お店の名前は「WATERLINE」
http://www.nissyoku.co.jp/fabex/shinten/shinten18.html
さっそく行って来たのですが、店内は薄暗くジャジーなBGMも怪しさを醸し出し、落ち着いた雰囲気でなかなかいいお店でした。
寺田倉庫の経営で、隣接するブリュワリーから出来たてのビールを味わうことも出来ますが、
ワインの種類も豊富で、シャンパンや焼酎も揃えるなどドリンクのメニューは充実していました。
フードは10種類くらいでしょうか、種類は少ないのですが、ツマミにするにはもったいないほどレベルの高い食材が揃っています。
生牡蠣のプレートからサーモン、キャビアののったコンソメゼリー、イベリコチョリーソー・・・とどれも美味しくいただけます。
喧騒から距離を置いた水辺の隠れ家、なんてのもなかなかいいものです。
0603092.jpg
以前、香港のアバディーンやバンコクのオリエンタルホテル近くの水上レストランに行ったことがあります。
どちらも派手なライトアップや民族舞踊などエンターテイメント性の高い大きな器でした。
広島にも水上or船上神楽なんかあればと妄想していましたが、新たな都心ビジョンのなかでは水上レストランが構想されています。
そのイメージ図ではかなりの大掛かりの船体が描かれていますが、いきなり大型の目玉施設を投入するのではなく、
とりあえずは規制前からあった「かなわ」や「ひろしま」のような牡蠣舟や、
天王洲の「WATERLINE」のように、民間の飲食業者が気軽に出店できるような規制緩和を行い賑わいが持たせればとおもいます。
規制緩和の特区をどこにつくるかは成功の鍵になるとおもいますが、
広島では店内からの眺めが昼夜問わずに絵になる場所や、観光客が集まりやすい場所を選ぶのは困難です。
強いて言えば、的場や京橋町+A・Bブロックの再開発された猿猴川や、歓楽街がもう少し東進すれば柳橋周辺の京橋川なんかがいいとおもいます。
正直、天王洲の「WATERLINE」も、その点ではイマイチでしたが、背景を含め広島の顔になる場所ができればいいですね。
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。