FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
広島高速
中枢都市の地位を守り、将来は州都広島として発展を続けること。
そのためには交通アクセスが整備されていることは重要なポイントです。
ある意味地理的に不利な場所に位置し、地方での広域鉄道網において広島の現状は微妙です。
しかし今は日本中に高速道路網が張り巡らされ、中距離、言わばその地方内での移動は高速バスが主流となり始めています。
中国横断自動車道尾道松江線や山陰自動車道が完成すると、人口比重の低い地域からも広島へのアクセスが容易になります。
まさに広島にとっては好都合で、広島としても市の周辺部から都心へ向けて整備のしがいがあるというものです。
西風新都ICや4号線が開通すると、北や西方面から都心に近い中広まで高速バスの路線が移り変わりました。
便利な方へ便利な方へと移り変わり続けることで、広島の都心の求心力はどんどん増してきます。
高速バス時代を見据えてか駅北口にターミナルを構想するなど、着々と地道に延伸中の広島の都市高速道路。
その中で広島高速1号線が10月16日に山陽自動車道と初めて直結しました。
今回の1号線のメリットはやはり空港へのアクセスです。
時間帯によってはほんの数分の短縮でしょうが、それ以上に精神的な時短のメリットを感じます。
あと何年、いや数十年かかるかもしれませんが、3号は廿日市ICと、4号は五日市ICと結ばれることになっています。
今後5号線が開通し、更に東西線として4号とつながる、
そして南北線で3号ともつながり、なんていつのことやらわかりませんが、
交通はそれぞれが有機的につながりあって線から面へと飛躍的にその力を発揮するものです。
4車線を2車線に変更し、事業費の圧縮、全線の早期開通を目指すことには賛成ですが、
細切れ状態の開通で、需要予測が下回っているから見直した、という判断はどうかとはおもいますね。0610182.jpg
都市高速に隠れ最近話題のなかった西広島バイパスの観音高架延伸は、
最近商工会議所が改めて市に対し2008年に平野町まで着工するよう働きかけました。
この道路、誰が見ても必要であることは明白で、現状の渋滞状況よりも大気汚染や騒音の面でも延伸したほうが周辺環境は良くなります。
誰がどう判断して着工するかはわかりませんが、今の方は相変わらずの歯切れの悪さのようで。0610181.jpg
まぁともかく広島の都市高速で唯一4車線で全線開通したのは1号線が初めてということで、
 ↓↓↓矢賀出入路あたりから広島東ICまでの動画90MBのWMVを置いていきます(右クリック→対象をファイルに保存)。

 http://hiroshimagogo.fc2web.com/20/x01.wmv
スポンサーサイト



新・広島復興2へ