FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
RICETTA miyagawa RISTRANTE
幟町にあるイタリアンのお店です。
お店はこじんまりして薄暗いなか居心地もよく、客層は大人の品の良さそうな方ばかりでした。
料理は素材にこだわり凝ったものが多く、アラカルトは一皿1500?2000円の設定でこれは結構いい出費になるかな?
とおもったのも束の間、サービスの男性以外は厨房でシェフが一人で奮闘し料理が出るのに少々時間がかかります。
かかるといっても許せないほど遅くはなく絶妙といえばそうなのですが、
その間に満腹中枢が脳を刺激し、さほど食べてないのにお腹いっぱいになってしまいました。
グラスワイン一杯とお酒も飲まなかったので、食べたものの割には二人で最終的に一万チョットという安価に落ち着くことに。
4種の前菜は品と華があり、イベリコポークの生ハムは噛めば噛むほどいい塩加減、
フォアグラのステーキは豪快で、生うにのカルボナーラはまぁそれなりでした。
次はイタリア産カラスミのパスタや最後にドルチェも、とおもってたのですが腹いっぱいで断念。
また今回は口にできなかった魚料理も、また行くことがあれば食してみたいとおもいます。

いつもこのようなお店に来ておもうのですが、やはりわたしにはイタリアンやフレンチは向いてないのかな?と感じます。
どんなお店に行っても美味しいはずなのですが、心の底から美味しいとおもえない、要するに感動がないのです。
わかりやすく言えば、和食や寿司屋、焼肉屋でわたしを包み込む幸せを感じとることができません。
これはもう個人の食の趣味としか言いようがないので仕方ないことですよね。
食事は席を共にする相手の好みもあってのもので、わたしのワガママばかり通すことはできないのが実情です。0602042.jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/152-e6494a80
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ