FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カープ開幕戦
カープのことはキリがないのであまり取り上げたくはありませんが、今日は開幕戦、
しかもブラウン監督の船出の勝利、しかも好ゲーム、取り上げないわけにはいかないでしょう。

昨年までのカープは、
  采配 → ×
  攻撃 → 拙攻(打率・本塁打とも2位?だけど得点は5位)
  守備 → エラーのオンパレード
  投手 → 四球病
と、こんな感じでしたが、今年は一味も二味も違う予感を見せてくれました。
まず采配は、勝ったからこそいえる結果論になりますが、中4日の実践のため、
無失点で勝ちがつかない状況なのに、黒田を95球で降板させました。
今年は、交代期を誤り、ダラダラと崩壊していく投手陣を見ることは無さそうです(そんなわけないか)。
注目の打順は6番以降の梵・倉・山崎は大きな期待できそうにありませんが、1?5番は3割が期待でき、
確実に上位で点を積み重ねるに徹し、下位は打てば儲けモノといったところです。
それもすべて前半の大量失点を防ぐため、守備重視の人選から生まれたタマモノだとおもいます。
前半の失策から試合をブチ壊し、なんてゲームが減りそうです。
攻撃は、12安打で2点と相変わらずでしたが、中日の投手陣が粘ったということにしましょう。
守備は新井サードはドキドキものですが、二遊間は安心できそうですね。
最後に投手ですが、ブラウン監督が口を酸っぱくして言った、「四球を出すな」。
勝負を避け、無駄な四球を出すことで、どれだけ試合前半で終わっちゃったことか。
今日の横山がウッズに出した意味ある四球(次の打者の福留のタイミングがあっていないことを見抜く)は別として、
全体に3投手とも攻めの姿勢が見えました。

全体を見ると、ブラウン野球というのは確率を緻密に計算し成り立っている気がします。
データを収集・分析し、少しでも確率が高いほうを実践する。
投手交代や打順の組み合わせだけでなく、思い切った内野守備のシフトからもそう感じます。
0603311.jpg
カープが赤ヘルになり初優勝したルーツ監督に継ぐ2番目の外国人監督となったブラウン監督。
3Aの監督時代も退場が多かったと聞きますが、今日の緒方のハーフスイングに対する執拗な抗議はハラハラしました。
このままド突いて退場になって、そのまま帰国したりしないかと、そのあとの監督は小早川か?
そしてそのまま優勝? そんな光景を目の前で見た世代だけに、いろんな思いが駆けめぐりましたw。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/184-25345e97
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。