FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
航空写真
YAHOO MAPS
まだベータ版ですが、航空写真も見られる! スクロール地図というのがYAHOOのMAPSにあります。
 ↓↓↓ご覧のように、全国の主な都市の中心部は1/3000の縮尺で、航空写真と地図が切り替えて楽しめます。
広島 http://map.yahoo.co.jp/beta/index.html?lat=34.23.29.674&lon=132.27.43.798&sc=2&mode=aero
仙台 http://map.yahoo.co.jp/beta/index.html?lat=38.15.23.148&lon=140.52.57.331&sc=2&mode=aero
岡山 http://map.yahoo.co.jp/beta/index.html?lat=34.39.31.624&lon=133.55.25.315&sc=2&mode=aero
地図で見ただけではわからない雰囲気が写真で見ると身近に感じられる、逆に写真で気になった場所が地図で確認できる、
ワンクリックで表示形式が切り替えれるのはとても便利ですね。

こういった航空写真は、その都市の土地利用がよくわかります。
広島は、平地が少なく、もっと上に高く、と、高度な土地利用が求められていますが、仙台や岡山は広い平野を有しています。
しかし、広島はといえば、中心部への高層住宅はあまり建たず、仙台や岡山は次から次へと建っていきます。
このことからわかるのは、高層住宅はより高度な土地活用のために建つのではなく、
高層住宅が建つ広さをもった土地がいかに空いているか、土地にゆとりがあるところに建つということです。
全国的に見ても市街地の開発は、工場や学校などの跡地や埋立地にて行われており、
店舗や住居が密集した昔からの市街地ではなかなか進みません。
上の3都市の写真を比べて見ると、高層住宅にふさわしそうな土地、あるいは大規模開発が可能な土地、
郊外ではなく、中心部でも広島がいかに少ないか、仙台や岡山にいかに多いかがわかりますね。

東京から近い仙台は、わたしの感覚では、広島より2年近く大規模事業や再開発が進んでいる感じがします。
この航空写真も最新ではないことから、いま見える空地や駐車場は5年後には大きく変わっていることでしょう。
岡山の中心部はというと、林原の土地がやたらと目立ちますが、東に目を移しても市街地の薄さが目に付きます。
面積の約1/3が道路とすれば、建物1/3、空地1/3といったところでしょう。
これだけ薄いと、歩行者が少なく賑わいを生むことは無理だとおもいます(空地が将来的に吉と出るか凶と出るか?)。
それにしても広島、中心部に駐車場ばかりの仙台に比べ、ほんとうにまとまった土地が少ないですね。
そんなことからも、県庁や市民球場跡地以外は、広島駅周辺がここしばらくは脚光を浴びるのは致し方ないとおもいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/200-ef1a3e55
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。