FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新球場再コンペ
竹中案の新球場、松田オーナーの「新球場で興行する自信がない」の声を受け、広島市が不採用と決定しました。
わたしも別に竹中案でなくてもいいのですが、これから始まる設計だけのコンペ、どうなるのでしょう?
おさらいをしておくと、HATグループ案(竹中工務店)は、施工竹中工務店、設計アトリエ・ファイ建築研究所+原広司、
これは、札幌ドームと同じコンビで、ボウブリッジの札幌に対し、展望アーチの広島と発想はよく似ています。
外観の造形が醸し出す未来的な雰囲気も、今思えばよく似ていると思います。
いわゆるレトロ路線で進んでいたそれまでの傾向とは一線を画してますので、好みも分かれたことでしょう。
建設会社としての竹中工務店、設計会社としても多くのスタジアムを手がた実績をもっています。
手がけた物件の評価は、正直、大阪ドームをはじめイマイチなものが多い感じがします(多目的だからしかたないが)。
しかし、各方面からの修正依頼によって見直しを進めた部分はありましたが、2階席の構造には頑として主張を通しました。
カープのオーナーが食いついた部分ですが、竹中としても今までの実績から得た確信があったのでしょうか?
譲りませんでしたね、本当に受注する気があったのかどうかは知りませんが。
また、言えなかったのか言いたくなかったのか、超過分のスポンサー名も出ずじまいでしたし。

新球場は大リーグ風の球場を掲げてきましたが、大リーグ風って何なんでしょうか?
身近なところで言うと、「スカイマークスタジアム(神戸)」、いわゆる内外野天然芝は最低条件でしょう。
ここは日建設計が手がけていますが、鹿島が新球場のコンペに指名停止にならなければ日建設計と組んでいました。
今となっては見ることはできませんが、チームエンティアムのレトロ風のボールパークも鹿島、
鹿島建設は、もっとも大リーグを意識した球場が提案できる仕組みをつくっているかもしれません。
竹中案が不採用になった今、竹中ではボールパーク造りは無理、と内心割り切って、次のコンペを楽しみに待ちたいとおもいます。
90億円の建設費は、スカイマークスタジアムの60億円を考えると無理ではないとおもいます。
残りは、オリジナル性を出すことや、将来の開閉式の屋根架けのための基礎づくりでもいいのですが、
わたしの思う大リーグ風、それは「サプライズ」だとおもいます。
スカイマークスタジアムのDJアナウンス、ウグイス嬢ではないノリのいい男性のアナウンスもこれに当たると思いますが、
球場をひとつの劇場と見立て、試合の流によって様々な演出が繰り広げられる、カラフルに変わるサイン看板、
フィールド内でのハンディカメラ映像や、スタンドに張られたワイヤー上を滑るように横に移動する遠隔操作されたカメラ、
快適な観戦は当たり前、勝ち負け以外にも楽しめる仕掛けが、より多くの野球観戦者を生み出すのではないでしょうか。
特定チームが固定ファンを開拓することは経営としても命題です。
そのため強いチームをつくることを目指すのは当たり前ですが、野球に興味のない人が球場にいっても楽しめる、
球場を武器にしてファンを開拓するという発想も有りだとおもいます。
WBCの決勝でも使われた「ペトコ・パーク」も見ていてワクワクしましたね。
0604261.jpg
観光の重要性は過去に何度も書いていますが、広島は平和関連に次ぐカテゴリーに、新球場を割り込ませなければなりません。
せっかく注目され、莫大な投資を注ぎ込むプロジェクトなら、ただの球場に終わらせるのはもったいない話です。
目玉施設なんて、いくらお金を叩いてもなかなか生み出せるものではないのですから、本当にチャンスなのです。
仮に10億円でもエンターテーメント性にだけ注ぎ込むことができれば、驚くような仕掛け作りができるとおもいます。
ちなみにマツダの2004年度の広告宣伝費は約210億円、広島人として名称が「マツダ・パーク」なら文句はありませんw。
マツダ色一杯の球場でもいいでしょう。
「サプライズ」、新球場に花を添える企業、現れないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/28(金) 00:58:20 | | #[ 編集]
トップはアレでも、職員は与えられた位置で頑張っているとおもいます。
正直言って代替ホールもなく、お手上げ状況なのでしょうね。
おっしゃられた関連のことは、ご存知とはおもいますが、郵便貯金ホールの廃止、厚生年金会館の危機と、
数少ない大規模ホールが無くなってしまうと現実が明らかになり、
郵貯ホールは来年度の予約は取らないので、他のホールのスケジュールも逼迫しているのが現状です。
早くも、というか当たり前ですが、来年は多くの広島公演が中止になるどころか候補にも挙がらない状況になっています。
ホール不足による広島飛ばしは始まってしまいました。
今後、県や市が何らかの手を差し伸べ、しばらく延長されたカタチになっても、
残念ですが、いまや取り返しのつかないところに入ってしまいました。
該当する劇団ですが、演出装置の規模が大きいため小ホールの興行はできませんし、利益の面でも興行は成立しないでしょう。
急に言い出す郵政公社も問題ありですが、そうした危機に直面することを予想し対処できない自治体も自治体です。
確かに広島で興行したい方は嬉しいことにたくさんおられるようですね。
郵貯ホール存続への市民の世論も高まっていますし、市民の関心の高さから、今後自治体も何らかの答えを出すとおもいます。
2006/04/28(金) 00:16:35 | URL | hiroshimagogo #SXhQz2u2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/27(木) 21:35:38 | | #[ 編集]
確かに噂を耳にしますが、事実かどうかわたしも知りません。
この噂にしても、広島○○○○活動にしても、そうとられる様な行動が実際にありますので、
仮にそうでなくても、実際の公務内容にはガッカリですね。

またまた選挙が近づいてきました。
出馬した際には、対立候補を一本にまとめて、なんとか終焉を迎えさせたいものです。
3選だけはどんなことがあっても阻止しないといけませんね。
もし、そんな事態になりでもしたら、もうHPもブログも閉鎖しますw。
2006/04/27(木) 20:26:05 | URL | hiroshimagogo #SXhQz2u2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/26(水) 19:47:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/202-5c57b8be
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。