FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラワー・ナイト・フェスティバル
0605043.jpg
フラワーフェスティバル、この昼の凄まじい集客を夜にも活かせないか?
ただ経済的な波及効果を考えてそうおもっていましたが、ここは広島、広島らしいイベントが行われました。
何事も、初めて行うことは試行錯誤があり勇気と決断がいること、それはそれでJCを称えたいとおもいます。

個人的に思った感想を少々。
まず平和公園周辺をステージとすることから自ずとできることや内容は限定されてきます。
ヒロシマとしての追悼とアピールは成し遂げても、集客面で夜のお祭りとしてはどうでしょうか。
夜には、主会場を県庁前に持ってくるなどしたことは評価できますし、4・5日もあるので楽しみではあります。
しかし、昼のあの大勢の人たちはどこに行ったのか?
流川界隈も寂しく、八昌にはさすがに行列ができていましたが、街全体、夜は寂しく感じました。
昼に人波にもまれ疲れてるから早目に岐路に着いたり宿に戻るんでしょうね。
「フラワー・ナイト・フェスティバル」と名を打つなら、夜だけが目的でFFに行きたくなるくらいの内容が欲しいものです。0605041.jpg
細かいところに目を移すと、いくつかの疑問点や改善すべきことが、あくまでわたし的に見てありました。
まずは、原爆ドームのライトアップとリンクした戯曲のイベント。
花村氏という照明家が演出したとのことですが、惨劇?廃墟?復興を原爆ドームに表現していました。
「原爆ドームが放つ平和のメッセージを光に託したい」とのことですが、原爆ドームはいつまで経っても瓦礫の廃墟、
平和公園が綺麗になり、街が活気づいても、この建物だけはどんなときも恐怖を呼び覚ます存在であってもらいたいとおもいます。
復興を表現したかったのでしょうが、原爆ドームが水色や桃色に照らし出される姿には、とても違和感を感じました。
次にキャンドル、今年は芝の上にキャンドルが並べられ文字が書かれたそうです。
しかし、この文字を認識できた参加者がどれくらいいるのでしょうか。
こうした機会があるときにいつもおもうのが、会場全体を自分の目の高さでしか見ることができません。
資料館も開いてないことですし、マスコミ関係者のように屋上にカメラを構えたりすることもできません。
数メートルでも高さのある台が設置されれば、中国新聞に載ってるような角度で会場を眺めることができるのに残念です。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200605040017.html
サーチライトは故障したのか回ってなかったけど、インパクトはありました。
最後に樹木の中に仕込んであった照明。
発電機がうるさく臭く、せっかくの森の雰囲気が台無しで、効果がないわけではないのですが、一考の余地はありそうです。
これだけ書けば、わたしはただのクレーマーのようですねw。
繰り返していいますが、これだけ大きな祭りに育てた関係者の方には感謝感謝です。0605042.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
長文申し訳ないです
広島県内の神楽といえば、旧美土里町の神楽ドームでの各種イベントと
旧千代田町(旧加計町もか?)の神楽フェスティバルが筆頭じゃあないでしょうか?

私が管理人さんの掲示板で「神楽博物館を広島市内にぜひ!」と勝手に叫びまくってるのは、
日本に無い施設というのもありますが、広島市内でのあたらしい観光の核になる可能性があると
思ってるからです。

広島県で見られる神楽は
歴史からみても衣装や面の芸術性からみても価値の高いものだと個人的に思ってます。
ただ、ご多聞にもれず、神楽も高齢化・過疎化により継承が難しくなっている地区があるのも事実のようです。
今のうちに、資料を集めて、みんなに見てもらって文化継承の根を絶やさないようにしてもらいという期待もあり、
神楽紹介の場が広島市内にもあればなあといつも思うのです。
神楽は安佐北区でも行われていますし。

ちなみに旧美土里町のにある神楽門前湯治村は小さいですが、神楽の資料館(無料)があります。
全国各地の神楽やその流派の違い・衣装や面などがコンパクトに紹介されていて、
ひと風呂浴びる前に楽しめる施設になってます。
神楽が盛んな地だからこそできる施設なのでしょう。
2006/05/07(日) 01:08:05 | URL | あり #-[ 編集]
脱出組いいですね。
わたしは田舎で田植えしたり、広島でマッタリでした。

RCCのEタウンでやっていましたが、夜のFFは、まずは成功といったところでしたね。
平和公園周辺の試みは別として、紙屋町という繁華街での「神楽」には可能性を大きく感じました。
広島に住む人、県外からの人はもちろん、欧米からの観光客が多い広島は、
こうしたアジアを感じさせる伝統芸能が、平和関連以外にも大きな資源となりえるものだとおもいます。
神楽専用舞台に向けて各宿泊施設から専用のバスが巡回する。
神楽のことは正直全く知りませんが、今回の実験で関係者も好感触を得たようですので、
官民一体となって、是非とも年間を通した一大興行に育てられればいいですね。
2006/05/07(日) 00:18:40 | URL | hiroshimagogo #SXhQz2u2[ 編集]
GWは広島脱出組
私は、年末に続き台湾(今回は高雄中心)に行ってました。

昨年から始まった夜FFは定着しそうですね。
今後も継続できるかどうかの一番の問題は、警察との調整と協賛企業や団体の数でしょうね。

原爆ドームからのサーチライトは、始めから回らない仕様だと思いますよ。
以前同じような表現をしていた芸術作品を見たことがあります。
光が空に向かって一直線に伸びる光景は、
力強さや未来への躍動などを表現しているんだと思います。

2006/05/06(土) 12:07:06 | URL | あり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/206-0280b514
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。