FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術流出防止
かつての日本は、先端産業で常にリードしてきましたが、現在はアジア諸国に追いつかれ追い抜かれ、後塵を拝するありさまです。
日本から、情報漏洩・スパイ・引き抜きや、指導を名目にして私利に奔るものなど、技術の流出に歯止めが利かなかったこと、
そしてやはり、企業側が安い労働力を求め、海外に工場を展開したことも技術流出の原因といえるでしょう。
そんな現状を反省してか、「国内回帰」が起こっているわけですが、とくにこれからの花形産業といわれるデジタル家電業界は、
以前の先端産業での失敗をもとに、よりいっそう国内に製造拠点を置く動きが出るようです。0605091.gif
 ↑↑↑シャープ亀山工場(右側の第2は予想図) 
そんな中、県は「広島県産業集積促進戦略本部」を設置し、電機関連企業の誘致活動に本腰を入れるとのことです。
ターゲットのメインに薄型テレビということは、シャープの亀山工場のようなかんじでしょうか。
亀山第2工場の工事が進んでいますが、あくまで想像の範囲でなら、シャープなんか可能性がありそうですね。
他県では各メーカーの工場への投資が始まっているところもありますが、本格化するのはまだこれからなのでしょう。
サムスンとソニーの合弁会社も韓国内に工場を造りましたが、日本国内なら広島へ、と妄想は尽きませんが、
是非とも誘致に成功して、単に雇用拡大だけでなく、いまある広島の産業とリンクして大きく飛躍してもらいたいですね。

今回のターゲットは大規模工場に絞っています。
そうなると雇用の確保も重要なポイントとなりますが(電機関連企業といえば、東広島市以東が充実していますが)、
多大な人口を抱える広島市も、西風新都を柱にして、独自に進めるなり県と組むなり、参戦してもらいたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/207-dd0c1c10
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。