FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人口増減06/05/01
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(各県と岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月
■市
札幌・▲192・・▲242・・・・269・・・3885 前年同月比・・8389
仙台・・・・56・・▲240・▲5609・・・5859 前年同月比・▲399
広島・▲106・・・・143・▲3793・・・4074 前年同月比・・3120
福岡・・・470・・・・176・▲3364・・・8323 前年同月比・12941
岡山・・▲44・・▲120・▲2022・・・・・・・・・遡及修正データ無し算出不可
    1月   2月   3月   4月
■県
宮城・▲723・・▲880・▲8770 前年同月比▲10075
茨城▲1076・・▲801・▲8200 前年同月比▲16882
京都・▲915・▲1222・▲5315 前年同月比・・・1523
広島・▲112・・▲406・▲8963 前年同月比・▲1342
岡山・▲810・・▲376・▲4664 遡及修正データ無し算出不可

市でみると、福岡の伸びが相変わらず衰えていませんが、仙台はついに前年同月比でマイナスになっています。
福岡から札幌・広島・仙台とほぼ等間隔で人口の増減がありますが、
広島も仙台のようにならないように、行政も民間も努力してもらいたいものです。
県では、あれだけ急上昇していた茨城の急降下ぶりが目立ちます。
広島県をあっという間に抜き去った勢いは見る影もありませんね。。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0605191.gif
(画像と本文は関係ありません)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出生率減少歯止めには産業構造の24時間化を止めるか縮小する、ですか。
わたしには、正直よくわかりません。
ヨーロッパと比べ深刻なのは、出生率が同じように低いことではなく、日本は急激に低くなったことでしょう。
少子化対策で一定の効果を出したアメリカにはヒントが多くあるんでしょうね。
2006/05/26(金) 12:44:37 | URL | hiroshimagogo #SXhQz2u2[ 編集]
人口減少時代突入
画像を見て吹き出してしまったじゃないですか!!!
(こういうジョーク大好きですwww)

茨城県に急ブレーキがかかったのは、
つくば学園都市の開発がそれなりに済んだからなんでしょうか?
それとも、首都圏の都心回帰で茨城に住む需要が減ったからなんでしょうか?
茨城県は、愛知県と同様に産業バランスが優れた県という印象があったので、
今年の国勢調査で、茨城県人口減少に転落は個人的には一番の驚きしたね。

広島県は減少傾向が続いていますが、
減少幅が拡大していないところを見ると、
まだまだ踏みとどまっている感じはありますね。
ただ、自然人口は昨年度から減少に転じてると記憶していますので、
傷が小さいうちに、減少傾向の拡大だけは防止していかないといけませんね。
転換できる産業・伸ばせる産業のすばやい対応が必要ではないかと思います。

出生率減少歯止めには、
産業構造の24時間化を止めるか縮小するのが、案外効果があるかもしれません。
少ない脳みそを使っての個人的意見ですが。
2006/05/19(金) 21:40:51 | URL | あり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/218-4a291774
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。