FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都市の顔として
90億円以内、3万人がゆったり観戦できる、天然芝のオープン、そしてカープの意を汲むこと、
そんな制約の中で新球場のコンペが再スタートを切りました。
すでにコンペの受付が始まっている中、ロンドンにあるアラップスポーツが広島市役所にプランを引っさげて訪れたとのこと。
ArupSport「アラップスポーツ・広島新球場プロジェクト」なんと無謀にも、前回の竹中案を遥かに上回る190億円のプランです。
市長が言った、「世界に誇る球場を造りたい」 そのまんま持って来ちゃいましたって感じですw。
まさか要項も知らず、市長の声だけ聞いてプランをつくったわけではないでしょうが、
90億じゃ松山や倉敷にある球場よりもいいものはできませんよ、と皮肉を言いに来たといったところでしょう。
広島市は当然受け取ることもできず、はなっからアラップスポーツも断念することを前提に訪れたといったところでしょう。

アラップスポーツのマイケル・ウィニック氏曰く、
「90億円ではチョットつまらない」
「我々は一流のものができなければ興味はない」
「コンペは出せない だから市民に見せたい」0606201.jpg
アラップスポーツは広島のランドマークにしたいと言いました。
とてもうれしい言葉だとおもいます。
わたしは常々広島は原爆に替わる都市の顔が必要だと言ってきましたが、この顔は簡単に生まれて定着するものではありません。
とある事業があって、それに500億かけようが1000億かけようが徒労に終わることもあるでしょう。
新球場は、新幹線から見える都市景観だけでなく、地方球団カープの本拠地ということで、年間150万近くの集客が期待でき、
一大観光地としてもメディアの露出度からしても、広島の新たな顔になる要素を多分に含んでいます。
現在ドイツでワールドカップが行われていますが、個性的なスタジアムは、街の個性として異彩を放っています。
日韓大会で、あまりにもつまらないスタジアムのオンパレードにゲンナリしたのとは大きな違いですね。
アラップスポーツのデザイン・仕様が良いか悪いかはよくわかりませんし、それはそれで別として、
アラップスポーツは広島市だけではなく広島市民に、このまま無個性な球場で良いのか?
最後の問いを投げかけにわざわざ来てくれたのではないでしょうか?
都市の顔、都市のランドマークをつくれる機会などそうそうあるものではありません。
無駄を省き機能一辺倒で低予算に抑える、街中がそんなもので埋め尽くされていく広島、
そんな時代に誕生しなくてはならない現実、新たな顔に成り得た新球場も寂しいかな期待できそうにありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
イイ!!いやしかし・・・
ニュースで字だけ見て、いい話だなあと思ってました。
デザインもさすがという感じなのでしょうか。
(他のデザインをよく知らないので何とも・・・)

ただ、らっちさんのページに市民球場の試合風景があり、
観客席が写ってましたががらがら・・・。

場所が変われば本当に入るのか?!
恐怖に近いショックを受けたところです・・・。

携帯を赤にし、首ストラップはひそかに?Carp、
RCC速報も登録済み、ですが、何か違うのではないか・・・。

うーん大丈夫か広島・・・。
2006/06/24(土) 20:37:39 | URL | its #-[ 編集]
これはいいですね
確かにこれは最新技術を駆使した、楽しいスタジアムになりそうです。付帯施設が出ていましたが、具体的にどんなものが想定されていたのですか。やはりドーム球場の華やかさに対抗しようとしたら、屋根なし球場としてはこれぐらいのものを作らないと、話題にはならないでしょうね。ほんと前回のコンペの他の作品が見たくなりました。今回のコンペに再び出品してくれないかな。
2006/06/21(水) 09:46:15 | URL | むーばす #-[ 編集]
コメント
市民に見せたいと公表した今回の件は、
前回のコンペにJVで参加した中の一企業だったアラップスポーツグループが、JV代表の大成建設が失格となって場を失いかけたため、
設計だけのコンペの参加に加わるために、プランの修正を始めたところ、
市から上限90億の提示になってしまったため、参加を断念せざるを得なくなった、といったとこでした。
まぁ興味本位ですが、他の案も見たかったですね。

>koiさん
W杯中で目にする機会が多いので、ミュンヘンのそれと同じだとすぐわかりましたよね。

>ありさん
190億円になったのは付帯施設が豪華だから、大きいからなのか、外装にお金がかかっているからなのかよくわかりませんよね。
大小の小を含めると付帯施設のないプロ野球のフランチャイズ球場はないとおもいますが、
局によって報道内容に違いがあり、オフィス・レストランは規模に違和感さえなければ現市民球場にもある施設ですから問題ないとおもいますし、
ホテルは隣接した残地に計画もありそうなことから、同一建物内で一緒にするか別にするかの問題だけです。
商業施設はどれだけの規模を想定しているかわかりませんが、商業施設のほうが主だったサイモンとひとくくりにはできません。
190億という予算からみても商業施設は最低限のものだとおもいますが。
一番人気のある神戸は確か60億くらいじゃなかったでしょうか?
そして某市会議員のサイトでは、市長の90億で世界に誇れる球場の発言は、サンマリンスタジアム宮崎からきているとのことでした。

野球が見れればいい、ゴチャゴチャせずに早く球場をつくってくれ、
カープファンが自らの思いをそのまま出せばこう言うでしょうし、まっとうだとおもいます。
青空の下で観戦したい、雨中での観戦もやむなし、自然現象での試合中止も野球のひとつだ、これも同じです。
しかし、それが当てはまる熱心なカープファン、気軽に観戦できるファンだけがすべてではありません。
もちろん彼らを軽視するわけではありませんし、彼らなしでは球団経営は成り立たないでしょう。
野球人気が下降する中、広島に来たついでに、興味が少しあったから、なんとなく来た、といったニワカな方々、
行ってみれば意外とおもしろかった、そんなきっかけをつくる仕組み、熱心なファンには鬱陶しいでしょうが、
球場は誰もが野球だけを見に行くところ、という狭い感覚は捨てて、人によりいろいろな楽しみがあることには理解を示してもらいたいものです。
中枢都市として生き残りをかけ、都市間競争にさらされる広島も同じです。
プロ野球としてのカープも、中枢都市としての広島も、生き残れるかどうかわかりません。

既に90億と決まった今は、すべてに中途半端なものではなく、基本のフィールドと快適で見やすいスタンドだけは確実に精査する、
熱心なファンにソッポを向かれないためにもそれは当然のことですが、わたしはそれだけではとても寂しいものを感じています。
今はそれでも、将来は手を加えやすい仕様になることだけは心がけてもらいたいものです。
2006/06/21(水) 00:58:25 | URL | hiroshimagogo #SXhQz2u2[ 編集]
デザイン
自分もどこかで見たことあるな~と思いました。
ドイツW杯のサッカー場で白い幕に覆われてて、使うホームチームによって電飾で色が変わるやつですね。

個人的に気になるのは、国内でもっとも美しいと言われるグリーンスタジアム神戸は
90億円ぐらいではなかったでしたっけ?
あと、付帯施設の多さですね。
前のコンペのときもそうでしたが、大小あれ付帯施設が必ず付いていますね。
そうでもしないと、事業として成り立たないのでしょうか?
2006/06/20(火) 22:54:14 | URL | あり #-[ 編集]
このスタジアム
何処かで見た事あるなぁと思ったら。
ドイツW杯のスタジアムにもなってるミュンヘン・アリアンツアリーナとそっくりですね。
あのスタジアムも外殻っぽいのが変色したはず。
あそこもアラップスポーツみたいですし。

誰か1億ドル位寄付する人はいないのかと(略
ゲイツ位しか無理ですね。。。
2006/06/20(火) 13:19:16 | URL | koi #gi6930lE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/233-347fe5d1
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。