FC2ブログ
ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注目されること
0607091.gif
2006年、あれだけの貯金を貯めて独走の気配もあった読売巨人軍、
今やその見る影もない借金生活、カープにも3タテを食らい、順位を5位まで落としてしまいました。
勝者があれば敗者もある、なるべく勝ちを積み重ねるには様々な要因があるとおもいます。
野球においてよく言われるのは投手力、守りの野球がリズムのいい守備を生み、緻密な戦略も立てることができます。
今のセ・リーグの上位についている中日と阪神を見れば、まんざら間違いでもないでしょう。
そのほか監督の采配や選手層の厚さ、その他にも集中力やモチベーションなど色々あるとおもいます。
そして今巨人が弱い、調子の悪さ、ケガ人などのチーム事情があるでしょうが、今年はそれだけではない気がします。
読売ジャイアンツといえば球界の盟主の呼ばれ、その巨人軍の選手といえば憧れの存在、いわばスターでした。
スポーツニュースは常にトップで取り上げ、スポーツ新聞の一面は巨人が占める割合が多かったものです。
多くの国民に注目される、言わば「華」として選手の一挙手一投足に視線が集まり話題になる。
そんな中でプレーする選手は大変ですが、いつも脚光を浴びることで気は抜けない。
脚光を浴びることで常に高いモチベーションでプレーすることができました。
ONという突出したスターが抜けた後、今も群雄割拠の時代が続いていますが、それでも主役はジャイアンツ、
テレビはゴールデンタイムは必ず巨人戦を放映し、やはり巨人は特別という感はあったものです。0607092.jpg
しかし、ここ数年前から巨人戦の視聴率が今までに増して下がり、東京ドームでも空席は目立ちます。
娯楽の多様化、多チャンネル時代、サッカー人気に相対して野球人気の下落、スターの不在など要因は多々あるでしょう。
WBCの盛り上がりは巨人にとってあまり関係は無く、サッカーのW杯も巨人を益々メディアから遠ざけていきます。
巨人戦の放映もめっきり減って、巨人だからという特別な脚光はもはや風前の灯となっています。
こんな流れがここ数年に急に押し寄せました。
巨人というブランドを背負っても後光の射さない選手たち、モチベーションを上げることが難しいのでしょうか?
最近の原監督を見ていると、巨人がこうなることを既に予見したようなコメントが目立ちますし慌てた様子もありません。
笑い顔も多いことから、落ちるとこまで落ちて、チームを一からつくり直そうという態度が見て取れます。
原監督ならそれができそうな気がしますし、渡邊オーナーもそれを望んでいる(多分?)ので来年以降は楽しみですが。

強いから注目を浴びるのか?
注目を浴びるから強いのか?
1975年オールスターゲーム、この年から赤ヘルに変えたカープから選ばれた山本浩二と衣笠祥雄、
ともに連続HRを放ち、赤ヘル旋風を起こしたその年のペナントを制して初優勝しました。
ルーツ監督の就任、ユニフォームの一新、退場から退団、古葉監督へバトンタッチ、
話題に欠くことなく、万年最下位かBクラスのチームは生まれ変わりました。
一方、初めて監督に就任した長島監督ばかり目立ち、球団初の最下位となった巨人。
選手も人の子、社会から注目されれば実力以上の物が出て、やがてそれも実力となることもあるでしょう。
今の制度では、より活躍すればFAでより条件のいい他球団へ、またメジャーへの移籍もある程度可能です。
カープの場合、たくさんの観客がいる中でプレーをすることが最もモチベーションがあがる術だとおもいます。
その術ですが、この週末も夜の放映権料の高さを蹴って15時から試合を開始するなど、
カープ球団も放映権の収入より観客本位の姿勢に変わってきています(巨人戦の価値の低下もありますが)。
昨日も今日も2万人を越える入場者を集めましたので、選手も一際集中でき今日のサヨナラを生んだともおもいます。
ブラウン監督の力もありますが、こうした球団の配慮は、少しづつでもカープの底上げにつながるとおもいますね。
今の市民球場に後ろめたさを感じている選手もいると聞きます。
新球場ができるまでもなるべく多くの観客を誘導する努力は必要ですが、新球場では一層動員を加速させなければなりません。
快適で新しい、そしてかっこいい新球場、こんな誇りに思えるフィールドができればよりたくさんの動員が可能です。
いつも満員のファンに囲まれてのプレーは、ガラガラのスタンドでのそれとはモチベーションが違うでしょう。
カープの復権、Aクラスに位置し毎年優勝争いに加わる、仕掛けを作り注目を浴びればそんな時もくるのでしょうか。
0607093.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/240-ea97ea66
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。