ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅前Bブロック発表前に
8月にCブロック、9月にBブロックと頭の中で繰り返すように唱えていましたがw、ひとつ程つっかえが取れました。
JR広島駅南口Cブロックは、より高層のマンションを東奥に配するなど、人の流れはもちろん景観的な配慮はさすがですね。
あれなら駅ビルを出てタクシー乗り場に向かうときに威圧されることも無いでしょう(手前のホテルも十分に大きいが)。

さて来月には事業パートナーの住友不動産からBブロックの計画策定が公表される予定です。
Bブロックには住宅棟が併設され、Cブロックと被る点も多いとおもわれます。
ちょっとBとCの比較を
  B 事業費350億 敷地面積→1.4ha マンション戸数200?250戸?
  C 事業費295億 敷地面積→0.97ha(今回分) マンション戸数400戸
Bブロックのほうが事業規模は大きそうですね。
Bブロックの高さのあるマンションもCブロックと同様の規模となりそうですが、そこで気になるのは景観です。
昔から何度か出たBブロックのパースは頂けないところもありますし。
Cブロックと同様にできるだけ東に、間違えてもAブロックに近い西側の位置に配さぬように、
東には駐車場を持っていきたいのはわかりますが、それならマンションはせめてパチンコ屋の位置にお願いしたいとおもいます。
結果的にBとCの高層棟が隣接したほうがまとまりもでるとおもいますし。0608281.jpg
南口開発がBブロックの商業施設に絡んでいればエールエールB館となっていたのでしょうが、
エールエールB館の芽がなくなった今、エールエール「A館」という呼称が残ってしまうのも何か変ですね。
現在エールエールA館は核テナントとして福屋に貸し、残りの地下2階をエールエール(南口開発)が運営していますが、
ご存知の通り南口開発は、駐車場とあわせ業績は芳しくないようです。
何かしらの理由で地下2階を福屋には貸せないのでしょうが、このままジリ貧でいくよりはBブロックとの一体化、
AとBの地下2階は地下広場を挟んで両フロアを統一し、ひとつの地下街として運営(委託)したほうがいいのではないでしょうか。
Aもそうですが、地権者の店舗が混ざることによりチグハグな店舗構成になります。
Bブロックの商業施設に地権者以外の核テナントを誘致することがあるなら、
その機会にあわせて是非Aブロックの地下2階をBブロックとのまとまりのあるフロアに一新し、
広場と併せた魅力ある空間をつくってエールエールを救済してもらいたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/257-7e8442e2
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。