ぶらぶら広島ウォッチング

-天気予報コム- -FC2-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人口増減06/10/01・市?9月分 (06/09/01・県?8月分)
毎月1日に集計される前月の推計人口の増減です。
対象としたのは、市ではいわゆる地方中枢都市、県では広島に近い人口の県を選びました。
また、岡山市と岡山県は、同地方内での比較ということで入れています(岡山市はひと月遅れの掲載)。
 
    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月
■市
札幌▲0192・▲0242・・・0269・・・3885・・・0934・・・0512・・・0447・・・0361・▲0041・・・国勢調査比・・・07812・前年同月比・・・07812
仙台・・0056・▲0240・▲5609・・・5859・・・0617・▲0050・・・0671・・・0679・▲0561・・・国勢調査比・・・02231・前年同月比・・・02231
広島▲0106・・・0143・▲3793・・・4074・・・0545・・・0159・・・0284・・・0808・・・0142・・・国勢調査比・・・03313・前年同月比・・・03455
福岡・・0470・・・0176・▲3364・・・8323・・・1465・・・0655・・・0499・・・1479・・・0190・・・国勢調査比・・・13138・前年同月比・・・13138
岡山▲0044・▲0120・▲2022・・・2276・・・0276・・・0248・・・0162・・・0181・・・・・・・・・・国勢調査比・・・01859・前年同月比・・・-----
    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月
■県
宮城▲0723・▲0880・▲8770・・・6010・▲0104・▲0486・・・0123・・・0557・・・----・・・国勢調査比・・▲4190・前年同月比・・・-----
茨城▲1076・▲0801・▲8200・・・5240・▲0048・▲0098・・・0550・・・0816・・・----・・・国勢調査比・・▲2632・前年同月比・・・-----
京都▲0915・▲1222・▲5315・・・4827・▲0631・▲0339・・・0147・・・0025・・・----・・・国勢調査比・・▲3189・前年同月比・・・-----
広島▲0112・▲0406・▲8963・・・7186・・・0423・▲0044・・・0012・・・0809・・・----・・・国勢調査比・・▲0924・前年同月比・・・-----
岡山▲0810・▲0376・▲4664・・・2953・▲0040・▲0089・▲0157・・・0010・・・----・・・国勢調査比・・▲2488・前年同月比・・・-----

県は来月ですが、市は国勢調査からちょうど一年経ちました。
ようやく調整なしで最近の増減の実態が把握できるようになってきました。
今後は少子高齢化で自然増はもはや期待できないどころか、都市部でも急速に自然減が始まります。
そうなると人口増であり得るためには社会動態においての社会増、外国人の増加に頼らざるを得ません。
広島市は社会増へと持ち直してきましたが、いつか来る自然減を補うほどの安心できる増加ではありません。
補えなくなったときが広島市の実質的(合併による増加は除外)な人口減少の始まりになります。
一方、ある意味で類似都市ですが支店経済色の強い仙台では慢性的な社会減が続いています。
仙台のように、自然減の時期が訪れる前に社会減が続くことだけは是が非でも避けなければなりません。
逆に札幌では既に少子高齢化から自然増が期待できず、社会増に頼っている例もあります。
広島では構造不況に喘ぎ何度となく社会減を経験してきましたが、景気動向等により持ち直しました。
支店経済だけに依存しない、言わば自力で持ち直すことができる広島でいられるか、
景気のいい状態のときに産業の多角化を図り、いかに若者を集めるか、
団塊世代の定住者を増やすことはもちろん、都市をもっともっと魅力的にすることも大切ですね。
それにしても、子供がたくさん産まれる社会にしないと日本はこの先どうなるのでしょうか?0610171.gif

(画像と本文は関係ありません)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshimagogo.blog8.fc2.com/tb.php/272-9455de88
この記事へのトラックバック
新・広島復興2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。